スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

極上毛蟹たくさんやって来ます。

 
明日は、関西の方なら、皆さんご存知、読売テレビで、日曜日の夜に放映されている

「大阪ほんわかテレビ」の取材を受けます。「情報喫茶店」というコーナーの「マネできません!」という

企画の中で取り上げられるようです。

バラエティ番組に取り上げられるのは、正直、躊躇していたのですが、私の思いを真正面から伝えて下さる

ということでしたので、それでは・・・と受諾しました。

ただ、運悪く、昨日、今日と、寒波が日本列島全体を覆っている為、海上大しけ、何処とも、魚の水揚

げが非常に少なく、ましてや、私の求めている、世間にあまり出回らない魚、みんながビックリするような魚

が非常に入手困難な状況です。

何とか各地のお取引先様に無理をお願いして、量は集まりませんでしたが、何とか種類だけは集めたと

いう感じです。

先ず、北海道から、写真のような、活けの極上毛ガニを(1匹約600グラム)50匹、(今、京都ではどこも

このクラスの毛ガニは扱っていません)、他、8キロオーバーのアブラボウズ1匹、ボウズギンポ(3匹で22

.5キロ)、極上キンキ(大小混ぜて40匹)、東京の仲買さんからは、超特大マツカワ(5.1キロ)、そして

同じく特大ハマダイ(通称オナガ)10,8キロ、愛媛からは、ヤガラ特大(1匹2.5キロから3.5キロサイズ)

11匹、ウチワエビ7キロ、ハコエビ4.2キロ、ヨロイイタチウオメヒカリ、ヒゲソリダイ、他、長崎からは、

マトダイヒラスズキアオハタオニカサゴ、カサゴホウセキハタホウボウメダイ、こちらのメインは中

サイズ(15.6キロ)のマハタ)(弊社ではコレぐらいのサイズでは大サイズとは言えません)。


三重県からはタカアシガニ、オオコシオリエビ、ミドリフサアンコウ、そして、一番皆さんに喜ばれる?

マンボウ(大きさはハッキリ聞いていませんが、たぶん20〜30キロ)。


今の天気の状況で、これだけ集めるのがどれだけ大変か業界の方なら、理解していただけると思うので

すが? 

放送日はハッキリ決まったわけではありませんが、2月14日(バレンタインデェィ)の予定です。

皆さん、お楽しみに。

この際、とことん目立ってやろうと思っています。(何も出来ずに悶々しているのはイヤですから・・・・・・)

応援して下さいね。


10キロオーバーのボウズギンポ

 

どうですか?とても、魚とは思えない面構え、

北海道、日高からやってきた、3匹で29.1キロというボウズギンポのなかでも、

一番大きく、良く肥え、最もお洒落なヤツを選んで写真撮影です。

どこがお洒落?って

ほっぺの黄色いところです。

みんな、こいつの顔を見て、「ブサイク」とか「変な顔」とか言いますが、

私には、この顔が「かわいく」見えて仕方が有りません。

やっぱり、私は変?


本アラ特大 9.1キロ

 
知る人ぞ知る高級魚、「アラ」の特大サイズです。

いつも私が紹介している、天然クエも確かに高級なんですが、珍しさという点では、

こちらに軍配が上がります。ましてや、9キロアップの「アラ」なんて、そう見られるモンじゃ

ありませんョ。

もちろんこの魚を扱っているのは、弊社だけです。

上品な白身で、刺身、昆布締め、鍋の商材にと、クセがないので何にでも使えます。

難点を強いて言うならば、「値が高い」ことぐらい。

いつも必ず直ぐに売れてしまうのですが、残念なのは、京都のお客様は誰も買ってくださらない

事かな。

儲からなくても、自分のお店の常連さんを喜ばすつもりで買って欲しいな、私としては・・・・

だって、私も、お客さんに喜んでもらおうと、儲かりもしないのに、巨大マハタや、巨大タカアシガニ

を集荷しているのですから、。

魚屋は100買って、100全部儲かるわけがないのですから。

「損は付き物」、それぐらいの気まがえで皆さん商売をやってもらいたいものです。

自慢じゃないですが、私なんか、1万、2万の損はしょっちゅうしてます。

慣れていますから、・・・リスクの高い商品を売っているのですから・・・当たり前です

だから、お願いだから言わないで・・「高い」なんて。

保険代込みの値段ですから。

タカアシガニ

 

動画


昨日の私の昼兼夕ご飯でーす

 

昨日の続きです。

ボイルしたハコエビを真っ二つに割り、そこに、たっぷりのオリーブオイルで炒めたガーリックと刻んだ鷹の

爪、その

熱々のオリーブオイルを上から、かけて食べます。オリーブオイルの代わりに溶かしバターでもOKです。

身はぷりぷり、ミソも旨みたっぷり、一人で約700g

のエビを食べました。

私は、一日一食しか食べない為、それだけで足りるはずも無く、サバの一塩したモノの刺身をほぼ7割ぐら

い食べました(一番下の写真)、それとは別に鯛のお吸い物、紅鮭の焼いたもの、ホッケの塩焼きも少し

いただきました。(家内も呆れています)

私の元気の源は毎日いただく、魚です。

最近の若者(年寄りくさい表現ですね!)が、元気がない、覇気がないのは、魚をあまり食べないからじゃ

ないですか! ぷんぷん<<<<

今日のおかずはハコエビのガーリックバターソースがけ

20100121172926.jpg

これぞ、次、何時食べられるか判らないしろもの!

たくさん、魚をうっているのですから、せめて、食べる物ぐらいは少しは、贅沢させてもらわないと。

ボイルする前の「ハコエビ」です。

日本広しと言えど、今日、このエビを、1匹を丸ごと食べるのは私だけでしょうね・・

(家族のみんなはあまり喜びません)(悲)

明日の直接集荷のメインは24・1キロと10・1キロのマハタと8・9キロの特大アラです。

全て、弊社の希望売価はキロ2800円です。応 相談

明日、写真アップしますから楽しみにしていてくださいね。


タチウオ5.3キロとギンザメ・ハコエビ

 

久しぶりに、巨大太刀魚、重さは5.3キロとまずまずの大きさ・・・

そして、右手に持っているのは、ハコエビ・・・・写真には写っていませんが、もっとたくさんあるんです

よ。このエビは普通、絶対に手に入らないと思います。

これは、愛媛県の網元、昭和水産様から送っていただいた物で、以前から、専務さんに水揚げが

あれば、いつでも送ってくださいと、お願いしておいた物です。本当にありがたいです。

このエビは本当に、インパクトのあるエビです。おかげさまで約10キロ全て完売、自分へのご褒美に

1匹持って帰って食べます。

さて、左手に持っているのは、以前にも紹介していますが、ギンザメ(ギンブカ)です。

ユーモラスな顔ですが、きれいな白身でフライ、ムニエルにすると結構いけます。

本当は、今日は動画で色々なモノを紹介するつもりだったのですが、ユーザーIDを忘れてしまい

動画をアップすることができませんでした。お恥ずかしい限りです。

魚を買って、売ること以外、何も能がないものですから・・・

天然シマアジとびわ湖産ワカサギとシロブチハタのアップ




ガラガラ

20100120061826.jpg
水曜日の市場、ガラガラ。閑古鳥が鳴いています。写真のように魚は何でも揃っているのに、する事がなく、営業中にもかかわらず、ブログをしている始末です。先頭に立つべき私がこれではいけません。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カウンター

合計
無料アクセスカウンター
本日
出会い系サイト
昨日
出会い系・攻略

無料 出会いデリヘル無料・出会い無修正アダルトビデオ

水槽

クリックして下さい

お問い合せはこちらへ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    大谷 透
  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    osakana
  • 季節はずれの魚たち、アンコウとマダラ
    むらこし
  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    中央市場のお魚マニア 大谷
  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    duo
  • ホームページ、リニューアルしました
    椎名雅人
  • ハチビキ?とクエ3匹
    椎名雅人
  • ハチビキ?とクエ3匹
    duo
  • ハチビキ?とクエ3匹
    ひろせ
  • ホームページ、リニューアルしました
    むらこし

links

profile

書いた記事数:429 最後に更新した日:2011/03/01

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM