スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ドヒャー!なんじゃこりゃー私もびっくり、「アンコウのお化け」

 

なんじゃ、こりゃー」って感じの魚?

もしや、深海にいる魚のお化け?

とにかく、なんとも言えない、奇妙なグロテスクな、かわいい?顔してます。

名前は「ヒメアンコウ?」と箱には書いてありましたが。真偽のほどは?・・・・・・・

朝一番から、コイツを見つけた瞬間、今日のブログネタは決まり。

最近、ネタ不足になっていたので、今日は久しぶりのヒット商品です。

このぐらいインパクトのある奴でないと、私のブログのファンの方には喜んでもらえませんものネ。

この「ヒメアンコウ?」仕入れているのは1匹や2匹ではないんですよ。

全部で12匹、みんな5キロから8キロの物ばかりなので、仕入れ合計は85キロです。

自慢じゃないですが、他の店では絶対に売れませんよ。

さすがに完売とまではいきませんでしたが、半分は売りました。

残りはまた、明日、頑張って売ります。

皆さんご協力のほどよろしく。

鍋にはもってこいですよ 。全身コラーゲンって感じです。(とくに、女性にお勧め)です。

お肌がツルツルになるんじゃないですか。

私も、1匹解体してみましたが、骨は軟骨なので、ぶつ切りにするだけ。

今日も日本全国、雨模様のようで、気温もあまり上がらないようですので、

「オバケアンコウ」で鍋はいかがですか?


PS.......椎名さん正確な名前教えてください。よろしく

ミノカサゴ

 

綺麗な魚ですが、オコゼと同じように、背びれに毒がある「ハナミノカサゴ」です。

唐揚げ、煮つけにするといいでしょう。

今日は水曜日で、おまけに雨降り、魚は軒並み値を下げ、売るほうとしては、

やりやすいのですが、買ってくださるお客様もあまりテンションの高くない日

なので、売り上げは上がりません。

今日のお買い得品は、和歌山県産の日戻り初ガツオと、徳島産のメチャ安、天然ブリ

でした。

とくに天然ブリは冬場の物と比べると、脂は抜けてはいますが、さし身なら、そこそこ

いけます。それにしても、安すぎです。漁師さんがかわいそう・・・・・。

デフレで魚も値が下がり、一般消費者の方は喜んでおられるかも知れませんが、

長い目で見れば、漁業者の手取りも減り、後継者が育たないわけですから、

おいしい魚をこれから先はだんだん食べられなくなるということなのです。

でも、私一人だけが、デフレに逆行して高く来ますよ。・・・・なんてことは言えませんので。

シャコエビ

 

クロムツ13.1キロとアラ6.5キロ、マハタ6.5キロ

 

桜の蕾も膨らみ、めっきり春めいてきました。

でも、昨日のような黄砂と突風は困り者ですが、・・・


京都にも、観光客だたくさん、来て下さっているのか、連休前の昨日はおかげさまで、

忙しくさせて頂きました。

もちろん、連休前の仕入れは、かなり強気の仕入れをします。

それは、私も含めて、みんなにプレッシャーを与え、奮起さすためです。

売らざるをえない状況に持っていくと、不思議と売れるもので、(本当は、裏づけがあるのでしょうが)

その時の、達成感、満足感、というものは当事者でないと、わからないと思います。

自分の実力以上の仕入れをし、2回に1回でもそれが、達成できれば、自分の実力が増したと

考え、また、社員にも、その満足感を感じられるよう、また、モチベーションを上げられるようこころ

がけております。

さて、今日のメインは「クロムツ」重さは13.1キロ、過去には18キロオーバーを2匹売っているので

この大きさでも大関級?でしょうか。

この、大きさ、また、これ以上の大きさの魚を売るのは、皆さんが思われている以上に大変なんで

すョ。今回もかなり、苦戦しました。


一番下の写真は、上が「アラ」下が「マハタ」です。どちらも6キロオーバーの立派な高級魚です。

この2匹、どちらも、茨城県のレストラン様が、お買上になって下さいました。

弊社のお客様は、京都に限らず、日本全国におられます。中でも、茨城、栃木、群馬、

長野、岐阜など、中央市場の無い県のお客様が多いように感じます。


地方のレストランのオーナー様、是非一度、シーフーズ大谷にお声掛け下さい。

今までに扱われたことの無い「感動を呼ぶような魚」が弊社にはあるかもしれません。



タイラギ貝と天然紅鮭腹須の燻製

 

上の写真は皆さんあまり、ご存知ない、「タイラギ貝」です。

この貝は、普通、貝柱だけで流通しているため、こんな大きな綺麗な貝だとは、皆さんあまり

ご存知有りません。

はっきり言って、このタイラギ、いつも損ばっかりしてます。

全く、儲かりません。(笑)

でも、買ってしまいます。・・・・・バカです。全く学習していません。

下の写真は「天然紅鮭の腹須の燻製」です。

腹須って、スーパーマーケットでも売っているんじゃないの? なんて思っているあなた・・・

そんなものなら、わたしが売る訳ないでしょ。

アレは、養殖のサーモンや、トラウトの腹の部分で脂が多すぎて、全く歯ごたえも旨みもない

部分なんですよ。(その、業界の方がおられたら、スイマセン)

弊社が売っているのは、天然の紅鮭の旨みを凝縮した、そして燻製にすることにより、余分な

脂を落とした、こだわりの逸品なんですよ。

是非、ビールや、お酒のアテに、試してもらいたいです。

ハシキンメ (ゴソ)

 

最近、さすがに毎日変わったネタというわけにはいきません。

以前にも紹介したことは、ありますが、深海にいる「ハシキンメ」です。

先日、テレビを見ていると、伊豆の超高級旅館が朝食にこの

「ハシキンメ」通称「ゴソ」の自家製干物を焼いて出していました。

一人1匹のサイズだったので、かなり小さいサイズだと思います。

たぶん原価は100円未満でしょう。

でも、原価に関係なく、美味しいものなら、自分のところで干物を作り、

熱々を、お客様に提供しようとなさっている料理長さん、「あなたは偉い」

と言いたいです。

高級旅館だからといって、キンキやアカムツの干物を出す必要はないと思います。

素朴な味でも、お客様が美味しいと言ってくださるのであれば、原価は関係ないと思います。

先日も、「クエの会」で尾鷲の I市長さんが手土産に持ってこられた、脂の抜けたサンマで作った

寿司や、裸イワシの干物でも、食通の皆さんが美味しいと言っておられました。

真心をこめて作ったものなら、美味しさがにじみ出てくるのでしょうか。




世界で一番大きなカニ「タカアシガニ」の赤ちゃん・・・だから、小さいです

 

昨日、予告していた通り、三重県、尾鷲から、タカアシガニの赤ちゃんが110匹、

ノルウェイサーモンの箱に11匹づつ、10ケース、やって来ました。

小さくても、形は同じ、タカアシガニ、

値段もメチャ安、ばら売りで大きいのを選って買う方で1匹500円、箱ごと

11匹セットで買う方は、一箱、3800円です。つまり1匹350円弱。

こんなに、安く売っていて、シーフーズ 大谷は大丈夫なの?

「ぜんぜん、大丈夫じゃ、ないです」 (笑)

結局は、私が、目立ちたがり屋の、ええかっこしー(「関西弁)なダケ、なんでしょうね。

でも、皆さんに「あそこに、行けば、いつも面白いものがある」とかなり、認知されてきました。

儲からなくても、頑張りますよ!!

記録更新、アブラボウズ44.3キロ

 
またまた、でっかいヤツです。

千葉県産、「アブラボウズ」、重さは、44・3キロ

前回のものが、43・7キロキロだったので、600グラム記録更新です。

今回は、1匹丸まる、卸すこともなく、売ったので、あまり儲かりませんでした。

私としては、写真を撮れて、ブログにアップできただけで満足です。

私は、仕事(商売)をさせていただきながら、遊ばしていただいています。

仕事=趣味 つまりこういうのを「天職」とでも言うのでしょうか?

毎日、仕事が楽しい人ってどれだけいらっしゃるのでしょうか?

毎日、感動を与えてくれる魚たちにも感謝。です。

明日は、三重県、尾鷲から、「タカアシガニ」が110匹やって来ます。

「えーーー、あの水族館でよく見る、世界最大のカニ?」

そうです。あの「タカアシガニ」です。

じゃ、明日のシーフーズ大谷の店頭はカニだらけ?

でも、大丈夫。実は、「赤ちゃんタカアシガニ」何です。

現物は未だ見ていませんが、普通のズワイガニぐらいの大きさのようです。

以前、紹介したような、両手を広げると3メートルもあるようなヤツですと、ご家庭では

ボイルしたり出来ませんが、赤ちゃんタカアシガニなら、家庭の鍋でボイルできますよ!

一般の方でも買える大きさと考えれば、商品価値は十分あるでしょう。

値段ですか?

知りたい? ですか?

内緒でお教えします。

1匹350円から550円の予定です。

(私の気分次第で、変動有り)  笑

空飛ぶ?サメ「カスザメ」と「ユカタハタ」

 

まるで、今にも空を飛びそうな、「羽?」を持つサメ、「カスザメ」です。

店頭に飾っていても、あまり売れませんが、こういう魚でも、電話1本で

現物を見ることもなく、「いいよ」っと言って買って下さるお客様がいらっしゃいます。

本当にありがたいことです。

それも、日によっては、サメ30キロ、マンボウ、20キロ、ボウズギンポ20キロ・・・・・・

てな感じで、マイナー魚、をうまく自分流に調理され、「創作料理」として、出して下さっています。

もちろん、その方には、私も、超破格値で提供しております。

私たちの破格値は本当に破格値ですよ。

特大メヌケ8・2キロとサンプルのキンキ、ハッカク、私のオカズ、超特大ホッケ

 

上の、赤い、キンキの親分のような魚が「メヌケ」です。

滅多に入荷しない魚です。

重さはなんと8.2キロ・・(でも顔デカ過ぎ)

名前の通り、必ずといっていいほど、目が飛び出ています。

かなりの深海にいたものが、浮上してくるため、目が飛び出るのだと思われます。

値段の方もかなり、お高いです。

一度食べてみたいですが、とても我々の口に入るような値段では有りません。

ところで私の今日のオカズは下の写真の特大活け締めホッケと八角です。

このホッケ、重さは約1.5キロ、通常のものの約3倍、もちろんお刺身用です。

実はこの箱に入っている魚は全て(ただ)・・・・サンプルとして送っていただきました。

藤水産社長、藤巻さんが、「北海道の魚を、サンプルにして、タダでもいいから、試食用と

してお客様に食べてもらって下さい」と送って下さいました。(なんと、太っ腹)

早速、今日は、「ホッケと八角の刺身の盛り合わせ」 ああ楽しみ・・

それにしても、すばらしい「ホッケ」です。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カウンター

合計
無料アクセスカウンター
本日
出会い系サイト
昨日
出会い系・攻略

無料 出会いデリヘル無料・出会い無修正アダルトビデオ

水槽

クリックして下さい

お問い合せはこちらへ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    大谷 透
  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    osakana
  • 季節はずれの魚たち、アンコウとマダラ
    むらこし
  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    中央市場のお魚マニア 大谷
  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    duo
  • ホームページ、リニューアルしました
    椎名雅人
  • ハチビキ?とクエ3匹
    椎名雅人
  • ハチビキ?とクエ3匹
    duo
  • ハチビキ?とクエ3匹
    ひろせ
  • ホームページ、リニューアルしました
    むらこし

links

profile

書いた記事数:429 最後に更新した日:2011/03/01

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM