スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

地震予知能力者

20080612075155.jpg
いつもの事ながら、荷受け会社から売れない物があると、電話がかかってきます。「今日は何や」と聞くと、ナマズを買って下さい、とのこと、長崎の五島産のこのナマズは誰も買い手がないので結局私が買う事になりました。売れないだろうと思っていたら意外にもすぐに売れました。お客様にどうやって売るんですか?と尋ねると、「店のマスコットや」「地震予知の為に飼っておくんや」との事。いろんなお客様がいるものですね。
???

天然平目の刺身

20080602161024.jpg私のお昼ご飯は、ほぼ毎日刺身が付いています。
それも量が半端じゃありません。
たぶんスーパーのお刺身のパックの3倍以上の量を食べていると思います。
今日は兵庫県淡路産の天然平目の中でもトビきり肥えたものを昼ごはん用に
朝から売らずに取っておきました。
帰ってから3枚に卸しました。思った通り脂が有り、特に縁側の部分は脂肪分で
白くなっていました。
スーパーや回転寿司などで冷凍の脂カレイの縁側などを平目の縁側などと、よく
偽って出していますが、そんなものとは比べ物になりません。
本物はやっぱりおいしいです。
でも、本物は、高いです。皆さんに食べていただきたいのですが・・・・・
本物を食べさしてあげれば、もっと魚好きの人が増えると思うのですが。

サメの産婆さん

20080602121101.jpg20080602121400.jpgサメをたくさん買いました。
そのなかの、3分の1ぐらいがメスの子持ちのものでした。
持ち上げただけで、お腹から、赤ちゃんザメが「つるん」と、出てきます。
一番お腹の大きかったものの腹を開けてみると、ナント9匹ものトカゲのような
赤ちゃんザメが袋のような物の中に入っていました。
良く見ると、すべての赤ちゃんザメの腹にへその緒のようなものがついています。
多分、この管から親ザメの栄養を摂取していたのだと思います。
他の魚類は、ほとんど卵を産むので、このようなへその緒のような物はついていないのですが
サメは限りなく哺乳類に近い魚類なのかな、と思ってしまう発見でした。

サメの産婆さん



京都ではあまり誰も買わないサメですが、活け物のサメは刺身にすると結構いけます。
サメには、卵を産むものと、哺乳類のように赤ちゃんがそのまま生まれてくるものと2種類あります。



ハモのお化け

ハモのお化け

誰もがビックリするような超特大のハモが入荷しました。
長さは身長172cmの私が椅子に載って同じくらいの高さですから、約2m
です。重さはなんと小学生並みの21.5kg.でした。
普段、私が売っているハモはだいたい、300gから600gですから、通常の大きさの30倍から70倍の大きさと言うところでしょうか。
今までに10kアップのものは何度も売っていますが、これほど大きなものは、
滅多にお目にかかれません。
売れる当てもなく、ブログのネタ用にと仕入れました。
皆さんにみてもらおうと、朝からずっと店頭に非売品ということで、ぶら下げていました。幸いにも閉店間際に、近所の物好きなオッサンがほぼ原価ではありますが、買ってくれました。めでたし、めでたし^^^^

アラ

20080530062804.jpg
アラが珍しく入荷しました。
京都の市場には、滅多に入荷しない魚です。
アラと言うと、皆さん、魚を食べた後の骨などの食べられない部分や、卸した後の
内臓や鱗のことと勘違いされるかもしれません。
しかし、この魚は、京都の市場では、仲買人の中でも知っている人はごく僅かで
「なんや、この魚、顔の尖ったタラみたい」などと言っているような状態です。
私に言わせると「お前ら、魚の名前もわからず、また鮮度の良い悪いもわからずに
仲買名乗るな」と言うのが本音です。
とにかく、京都の市場の仲買人は、無知な人が多すぎる。恥ずかしいかぎりです。
こんな状態ですから、アラのような高級魚も京都では安く競り落とされる為
あまり入荷しないのです。
これからは、浜値の高い魚は、それなりに高く買ってやらないと
京都に良い魚が来なくなってしまいます。
近畿圏は市場間競争がとくに激しい地域です。荷受会社同士で荷物の奪い合いを
しているような状況です。
魚が高いとよく言われますが、高級魚は高く競り落とされるから高級魚であって、
安くなってしまうと、その魚の価値がなくなってしまうのです。
いつかは、買ってみたい食べてみたい、と、手の届かない所にあるのが
高級魚なのです。簡単に手に入ってはダメなのです。

特大イトヒキアジ

20080526062433.jpg
20080526051538.jpg
あまり、めずらしくないかもしれませんけれど、けっこう大きめのイトヒキアジが入荷しました。重さは5キロでした。久しぶりの入荷だったのですぐに売れました。写真の通り刺身に出来るきれいな身でした。

ハモの季節

20080526040237.jpg
ハモが毎日たくさん入荷しています。だいたい国産4割韓国産4割中国産2割ぐらいの割合で入荷しています。一番おいしいのは、韓国産です。今なら私自らが骨切りしてさしあげますヨ

やっぱり京都はこれからハモ

ハモが本格的に入荷してきました。
一年中獲れる魚なのですが、これからの時期入荷も増え、六月の梅雨が終わったぐらいの時期が最も脂が乗り美味しくなってきます。
京都の市場には、徳島、愛媛、兵庫、和歌山、大分、長崎などの各地から搬入があります。そのほかに中国、韓国など海外からも航空便にて送られてきます。

何処で獲れた「ハモが一番美味しいの」と聞かれたら京都の市場では誰もが、
「やっぱり、韓国産やろ」と答えます。
今の相場でだいたい国産物の約2倍、六月になると約三倍近くの値段になるでしょう。
それだけ京都では需要があるのです。
料理屋さんに行くとハモの湯引き(ハモの落とし)ハモの天ぷら、ハモの炊き合わせ、ハモの焼き物、ハモの酢の物とすべてハモずくしです。
あまりハモを食べたことがない方、まったく食べたことがない方、
私自らが、骨きりをしてさしあげますよ。
写真明日アップします。

トビハタでした。

先日、ブログ上でアップしたオキアラと呼ばれている魚の本当の名前がわかりました。
今回も、須磨の水族館の青山さんに、魚の写真を、添付してメールしたところ、あくる日には、返信メールを返して下さいました。
問題の魚の本当の名前は、トビハタと言うそうです。自分では、魚の名前を良く知っているほうだと思っていましたが、インターネットでいろいろ調べてみると世の中には、上には上の人がいるもので、自分の知識の無さを思い知らされました。
人生、生涯、勉強しないとダメですね!


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カウンター

合計
無料アクセスカウンター
本日
出会い系サイト
昨日
出会い系・攻略

無料 出会いデリヘル無料・出会い無修正アダルトビデオ

水槽

クリックして下さい

お問い合せはこちらへ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    大谷 透
  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    osakana
  • 季節はずれの魚たち、アンコウとマダラ
    むらこし
  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    中央市場のお魚マニア 大谷
  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    duo
  • ホームページ、リニューアルしました
    椎名雅人
  • ハチビキ?とクエ3匹
    椎名雅人
  • ハチビキ?とクエ3匹
    duo
  • ハチビキ?とクエ3匹
    ひろせ
  • ホームページ、リニューアルしました
    むらこし

links

profile

書いた記事数:429 最後に更新した日:2011/03/01

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM