スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

記録更新、アブラボウズ44.3キロ

 
またまた、でっかいヤツです。

千葉県産、「アブラボウズ」、重さは、44・3キロ

前回のものが、43・7キロキロだったので、600グラム記録更新です。

今回は、1匹丸まる、卸すこともなく、売ったので、あまり儲かりませんでした。

私としては、写真を撮れて、ブログにアップできただけで満足です。

私は、仕事(商売)をさせていただきながら、遊ばしていただいています。

仕事=趣味 つまりこういうのを「天職」とでも言うのでしょうか?

毎日、仕事が楽しい人ってどれだけいらっしゃるのでしょうか?

毎日、感動を与えてくれる魚たちにも感謝。です。

明日は、三重県、尾鷲から、「タカアシガニ」が110匹やって来ます。

「えーーー、あの水族館でよく見る、世界最大のカニ?」

そうです。あの「タカアシガニ」です。

じゃ、明日のシーフーズ大谷の店頭はカニだらけ?

でも、大丈夫。実は、「赤ちゃんタカアシガニ」何です。

現物は未だ見ていませんが、普通のズワイガニぐらいの大きさのようです。

以前、紹介したような、両手を広げると3メートルもあるようなヤツですと、ご家庭では

ボイルしたり出来ませんが、赤ちゃんタカアシガニなら、家庭の鍋でボイルできますよ!

一般の方でも買える大きさと考えれば、商品価値は十分あるでしょう。

値段ですか?

知りたい? ですか?

内緒でお教えします。

1匹350円から550円の予定です。

(私の気分次第で、変動有り)  笑

空飛ぶ?サメ「カスザメ」と「ユカタハタ」

 

まるで、今にも空を飛びそうな、「羽?」を持つサメ、「カスザメ」です。

店頭に飾っていても、あまり売れませんが、こういう魚でも、電話1本で

現物を見ることもなく、「いいよ」っと言って買って下さるお客様がいらっしゃいます。

本当にありがたいことです。

それも、日によっては、サメ30キロ、マンボウ、20キロ、ボウズギンポ20キロ・・・・・・

てな感じで、マイナー魚、をうまく自分流に調理され、「創作料理」として、出して下さっています。

もちろん、その方には、私も、超破格値で提供しております。

私たちの破格値は本当に破格値ですよ。

特大メヌケ8・2キロとサンプルのキンキ、ハッカク、私のオカズ、超特大ホッケ

 

上の、赤い、キンキの親分のような魚が「メヌケ」です。

滅多に入荷しない魚です。

重さはなんと8.2キロ・・(でも顔デカ過ぎ)

名前の通り、必ずといっていいほど、目が飛び出ています。

かなりの深海にいたものが、浮上してくるため、目が飛び出るのだと思われます。

値段の方もかなり、お高いです。

一度食べてみたいですが、とても我々の口に入るような値段では有りません。

ところで私の今日のオカズは下の写真の特大活け締めホッケと八角です。

このホッケ、重さは約1.5キロ、通常のものの約3倍、もちろんお刺身用です。

実はこの箱に入っている魚は全て(ただ)・・・・サンプルとして送っていただきました。

藤水産社長、藤巻さんが、「北海道の魚を、サンプルにして、タダでもいいから、試食用と

してお客様に食べてもらって下さい」と送って下さいました。(なんと、太っ腹)

早速、今日は、「ホッケと八角の刺身の盛り合わせ」 ああ楽しみ・・

それにしても、すばらしい「ホッケ」です。


ジャーン、アブラボウズ43.9キロでーす

 

また、アホなことやってます。

43・9キロのアブラボウズの大きさを、皆さんにわかってもらおうと、いろんなアングルでシャッターをきるの

ですが、いいショットが撮れず(はっきり言って、センス無いです)、最後は、私がアブラボウズの横に寝ころ

がって、「ハイ、チーズ!」

でも、失敗ですね。カメラマンには、何か台にでも載ってもらえば、もう少し大きさがはっきり伝わったのに。

それにしても、凄い脂ですね。全身が脂です。身質を見ると、やはり、味噌漬けなどの焼物が最適でしょう。

今、魚の入荷の少ない時期ですので、「こんなの、軽く、売れました」と言いたいところですが、実際のところ

四分の三までは売ったのですが、最後の四分の一をのこしてしまいました。

明日は、マグロのようにブロックにして、1キロぐらいずつ売っていく予定です。

京都でアブラボウズを買える店はそうは有りませんよ。

是非、買いに来て下さいね。

お値段等は、個別にお尋ね下さい。

ボウズギンポ4兄弟

 
久しぶりに、お目目パッチリのボウズギンポです。

一番小さなもので、5.2キロ、もっとも大きなもので、11.3キロです。

ずっと、前から注文をして下さってるお客様があり、4匹とも、うまく嫁入りさす

ことが出来ました。

今度入荷したら、連絡下さいと、おっしゃって下さってた、ワッキーさんゴメンナサイ。

一足違いで売れてしまいました。生鮮食料品ですから、なるべくその日に売りたいですからネ

申し訳有りません。


ところで、今日はそれどころでは有りません。

気もそぞろ、

どうしてか??って

明日、前回紹介した天然クエをもしのぐ大きさの最高級、千葉県銚子産「アブラボウズ」がや

ってくるのです。

なんと重さは、43.9キロ、巨大クエをも1.9キロ上回る大きさです。

全身、脂、滅茶苦茶美味しいけれど、「要、注意」このフレーズが私の心を揺さぶります。

食べ過ぎると、トイレからでられなくなるらしい・・・・です。

ネットで調べると、刺身は一人60グラム、焼物で一人120グラムまで、と規制しているところもあるとか。

今夜は、こいつのお陰で寝られないかも。

明日のブログ、お楽しみに。

今日の主役は特大クエではなく、オオクチイシナギ

 
上の写真、皆さん特大クエにばかり目がいくと思うのですが、今日のブログの主役はその上の

小さな魚、「オオクチイシナギ」です。

小さいといいましたが、実は18.4キロも有ります。

今回のクエが大きすぎるため、7〜8キロぐらいにしか見えませんが、十分に立派な大きさです。

一般の方に何キロといっても、なかなか、ピンと来ないと思いますが、普通、スーパーマーケットで売って

いる切り身用の養殖ブリが大体、5〜6キロですので、2種の魚がいかに大きいか理解していただけると

思います。(私、バカですから、何でも大きいものばかり買ってしまいます。・・・・結局は目立ちたがり屋な

だけなんですが) いつの間にか、ネット上では巨大魚好きの仲買ということになってしまっています。


ところで、このイシナギはハタ科の魚に体型は似ていますが、顔もウロコもぜんぜん違います。もちろん

ハタ科ではありません。でも一番下の写真でもお解りのように、腹の中にも脂の塊があり、きっとおいしい

と思います。

先日、私がご紹介した「天然本クエ」はかなり高価なものですので、なかなか、買えるものでは有りませ

が、このイシナギならかなりお安く提供できると思います。

まずは、安いものからいろいろお試しあれ。

特大アナゴ

 

どちらも、アナゴでーす。

上の写真は、兵庫県淡路産の最高級品、1匹の重さは約70グラム、普通、お寿司屋さんが買われる

サイズです。そして、下の写真の大きな化け物みたいなのも、アナゴです。(大分県産)1匹約2.5キロ

大きなアナゴはたぶん種類が違うとは思うのですが、(あまり、詳しくはありませんので)、姿、形は

一緒です。

大きさもビックリされるとは思うのですが、もっと驚くのは、値段・・・

各々、いくらだと思われます?

普通サイズの淡路のアナゴは1匹約200円、そしてお化けアナゴは???????

仕入れ値は秘密にしておいて、弊社売価、3匹で1000円です(正確には、3匹入って6.7キロでした。)

(損はしていません。)

つまり、1匹約330円です。

ありえない値段でしょ!

でも、本当なんです。ありえないものが、ありえない値段であるのも、やはりシーフーズ 大谷の魅力でしょ

うか!たった2ケース(3匹で6.7キロのものと、3匹で6.5キロのものとでしたが】箱で1000円で売ると

直ぐに売れました。買ってくださったお客様、楽しんでくださいね!

遂にget 天然クエ42キロ

 

遂にゲット、42キロの長崎、五島産、定置の活け締めクエです。

実はこのクエはjasminさん主催の「15キロ超えの天然クエを丸ごと食べ尽くす会」

から依頼されていた、極上、特大クエです。

こいつを、ゲットするまでには、本を1冊書けるぐらいのドラマがあったのです。

約2週間前にjasminさんからお電話にて天然クエを用意してほしいと依頼があり、それ以来毎日

産地の方から、クエの水揚げ状況ををお聞きしていたのですが、それ以来ピタッと捕れなくなり、約

10日前にはキロ16000円という年末並みの高値がつき、その2〜3日のちには、それを

も更新する、キロ20000円という値がついたほどです。それから後も、わずかしか水揚げされず、

大きさが15キロ未満であったり、鮮度がいまいちであったり、会が催される27日は刻々と迫ってきて

も、いっこうにに、私たちの求めるようなクエは水揚げされませんでした。

依頼されたjasminさんも眠れない日が続いたと思います。

依頼された方の私も、四六時中、クエのことが頭からはなれず、なにがなんでも、手に入れなければ

と、各地の業者様に、電話をし、「値は少々高くてもいいから、15キロアップの最高のクエを手に入れ

てほしい」と無理なお願いをしていたのです。発送などの関係もあり、25日までに入手できなけれ

ば、会を中止という最悪の選択をとらなければならなかったのです。

24日早朝の福岡の中央市場に水揚げvされるか、と期待していたのですが、それも不発に終わり、

最後の頼みの綱、長崎の中央市場にかけました。

もう半分あきらめかけていたとき、長崎の業者さんから、「活けもののクエが今水揚げされています

よ」「25キロぐらいが2匹と・・・・・・・オオ、おっと、40キロクラスのもあがってきましたよ」と・・

「その一番でっかい40キロオーバーの奴、絶対に競り落としてください」とお願いしたのでした。

それが上の写真の奴です。jasminさんをはじめ、この会を楽しみにされている、「魚きちがい、

魚マニア」のみなさんの思いが通じたのだと思います。

27日に東京で催されるこの会、もちろん私も、仕事を早めに切り上げ、参加いたします。

いろんな方にお会いできるのを楽しみにしております。


珍・珍・珍・・さて、これは何でしょう?

 

さて、これは何でしょう?

直ぐに、答えられた方は、かなりの「マニア」でしょうね。

答えは「海がめの卵」・・・・・・・・・・・・ではありません。

黄色い「新種のさくらんぼ」でもナシ、プラムでもありません。

正解は、「サメの卵」です。

朝、(3時過ぎ)、荷受の若い子から電話、「大谷サン、面白いものがあるから、是非見に来て下さい。

サメの卵なんですよ。」私、「そんなモン、銭を出してまで買わないよ」「いやいや、ただ同然の値段に

しておきますので、とにかく、持って帰って下さい。大谷サンぐらいしか、持って帰ってくれる人はいませんの

で。」そんな訳で約10キロの綺麗なサメの卵は店頭に。

いつもの通り、「WHAT'S THIS」と紙に書いておくと、さすがに皆さん足を止め、

「何、これ?」と尋ねてこられます。答えはあとで教えてあげるから、とりあえず、お金は要らないから、

持って帰ってお客さんに見せてあげて!」

「何?」て聞かれたら、とりあえずは、「海がめの卵」って答えて!」

絶対にはじめてみる代物に、皆さん食いついてくるから。

お客さんとの会話で、話題になるものがひとつでもあればいいじゃないですか。

近所のアホ〇〇君は、「それは俺の〇ん玉や」といっていました。

お前は〇ん玉何個持っとおるんじゃ!   失礼しました。

羅臼産ウニと根室産ウニ(スイマセンおかずです)

 

今日は入荷が少ないところに、注文が少し普段より多かったせいでちょっとだけ忙しかったかな?

ココ最近ずーと暇な日が続いていたので、ちょっとした勘違いかも・・・

でも、ちょっとだけ気分がいいので、今日の夜は「うに丼」でーす。

右のオレンジ色をした綺麗なものが根室産、左のやや黄土色が買ったのが羅臼産です。

どちらも国産、今日はいつもより安く手に入ったので、私が1枚、もう一枚は長男の分です。

2人とも、大のうに丼ファン、どんぶりに白ご飯をいれ、その上に、このウニ一枚を全てぶちまけ、

ご飯粒が見えないようにするのが最高の贅沢です。

後は、ワサビを醤油で溶いたものをかけ、最後に刻んだ海苔を振りかけるだけ。

幸せいっぱいの気分になりますよ!

安いものですよ。お値段の方はまた個別に私の方までお尋ね下さい。


月曜日には、長崎から、ちょっとだけ「ジャンボマハタ」が2匹やって来ます。19.4キロと

20.3キロです。お値段の方は、キロ3000円です。

興味のある方は、メール、ファックス、電話等でお尋ねください。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カウンター

合計
無料アクセスカウンター
本日
出会い系サイト
昨日
出会い系・攻略

無料 出会いデリヘル無料・出会い無修正アダルトビデオ

水槽

クリックして下さい

お問い合せはこちらへ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    大谷 透
  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    osakana
  • 季節はずれの魚たち、アンコウとマダラ
    むらこし
  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    中央市場のお魚マニア 大谷
  • 高級魚「アラ」7.4キロと珍しい「アオバダイ」5・8キロ、他
    duo
  • ホームページ、リニューアルしました
    椎名雅人
  • ハチビキ?とクエ3匹
    椎名雅人
  • ハチビキ?とクエ3匹
    duo
  • ハチビキ?とクエ3匹
    ひろせ
  • ホームページ、リニューアルしました
    むらこし

links

profile

書いた記事数:429 最後に更新した日:2011/03/01

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM